EVの充電器規格競争

ってのが、いま日独の間で熱いらしい。

日本は東京電力が中心になって進めている規格。
ドイツはダイムラーグループが中心だそうだ。

日本方式とドイツ方式の違いは、日本はスタンド側にAC/DC変換や電圧調整機構を持ち、ドイツ方式は変換や調整を車側に持つというところ。

日本方式は、スタンドの設備投資にコストがかかるが、車を軽量でシンプルに出来る。

ドイツ方式はスタンドの設備が簡単に済む。

どっちも一長一短だが、地続きで色んな国に繋がっている欧州だと、AC/DC変換の機能を車に持たせておいて、充電元の交流電源が何ボルトで何Hzでも対応できるようにしておく必要があるだろう。

逆に日本だと1規格で、設備投資に金をかけるのが景気対策でもあるから、スタンドから直流を出す方が利に適っている。

どっちが主流になるのかはアメリカ次第って気もする。

EVのバッテリーが、各国各メーカーで自由に設定できて、入力する電流についても規格がバラバラということになると、充電スタンドからアウトプットする電流も何種類もモードを用意しないといけなくなる。

そこらへん、アメリカのバッテリー屋が世界シェアを握ってしまって、1規格になるなら、車に変換機を乗せるより、充電スタンドを1規格にしてしまった方が効率は良い。

バッテリーの規格がバラバラだと、車に変換機を乗せて、規格差を吸収するようにした方が良さそうな気がする。

EVの規格競争はすごい戦争になりそうですなぁ。
出遅れたところは泣きを見るだろう。

日米は次期自動車エネルギーをEVのつもりでやっていて、過渡期技術としてHEVという位置づけだが、欧州はバイオディーゼルのつもりでいた気配があるから、欧州の方が基本的には不利だろう。

日米が協調して、バッテリーと充電スタンドの規格をワンスタンダードにしてきた場合、欧州諸国が各国で電力規格がまちまちで差分吸収コストが車両価格に乗っかるとすると、かなり不利になる。

日本とアメリカとでは、100Vと120Vの違いがあるけど電源プラグの形は同じで、ほぼ同規格。

欧州は220Vが主流で3ピンプラグが多い。
中国も220Vで欧州に近いっぽい。

イギリスが240Vで、旧イギリス領のところは240Vが多いようだ。

北朝鮮は220Vで、たぶん中国と同じ。
韓国は220と110が混在だそうだ。日中折衷みたいな感じか?

まぁ日米は同規格に収斂していくんだろう。
それに対して欧州が、自分のとこは独自規格で行くとするか、日米に合わせることになるかどうか。

どっちにしろ、ガソリンをバンバン燃やして走らせる車は、もうそんなに長くは作れないんだろう。今のうちにたくさん走っておかないとなぁ。



都が樹木葬を検討
中韓でも口蹄疫流行、ウイルスはアジア地域から
サーバーの囁きは松風の如く
ハミルトン、初優勝☆
Background Overview
インフルエンザ脳症は日本にしかない
ワシントン・リポート



ぎっくり腰には前兆があります。ぎっくりと腰が突然痛くなった、ズキッと腰が痛くなった、そのような時は出張にて ぎっくり腰 治療を早期に開始しましょう。
主な特徴としては急性の炎症症状などになります。炎症期にどのような対策をしたかで予後が変わることが良くあります。特に中高年の方々の治療は早めの対応をする事を勧めます。
動けなくなってからでは治療や治癒に時間がかかります。(三華堂整体法出張治療院)

ダイエットをしてるけどいつも上手くいかない。リバウンドする。間違ったダイエット方法をしていてはいつまでたっても体形は変わりません。
大阪なんばにある予約制のプライベートジム「Body Sizing」ではそんな貴方を2ヵ月間の完全オーダーメイドプログラムで理想の体形へボディメイクいたします。
短期間で痩せる。答えはここに。専属のパーソナルトレーナーによるマンツーマン指導。大阪で本気で痩せる。

便秘に効くお茶をやっと見つけました。この「するっと抹茶」は毒舌な私ですら文句のつけようがありません。実感が湧くまで2〜3週間はかかると思いますが、そんなことは問題ではありません。
これまでの便秘に効く お茶といえば峻下剤的なキャンドルブッシュやセンナが配合され「即効的な実感」を狙ったようなロクなものしか無く、まともな商品はめったに出回っていませんでした。
ですがこのお茶は根本的に便秘を解消してくれます。

ご存知のように、遺品整理クリーンサービス東京は他にはない、選ばれたまじめな会社です。
日本で唯一の遺品整理社は業界最大手のサービス専門スタッフによってご提供しています。
故人の残した遺品、思い出と供養の意味を込めて区切りの決断。位牌や遺詠の供養もお任せ下さい。

浮気や離婚の調査などを探偵事務所や興信所に依頼すると費用や料金が高いというイメージを根底から覆し、費用や料金を最小限に押さえてることをモットーに顧客を増やし、その実績が認められ大阪を中心に関西地方で調査力をも含めて高く評価されてきました。
ご利用の方の気持ちを思い、同じ目線で考える事に気を配っています。
大阪の調査は、ぜひ、バーネット探偵社にお任せください。必ず、ご満足のいく結果になると思います。

最近の博物館の流行りといえばiBeaconを使ったスマホアプリではないでしょうか?
iBeaconはアイフォンの新OSに標準登載された技術で、スマホがビーコンと言われる機械に近づくとスマホの画面が切り替わります。
昔から同等の事はできましたが、iBeaconではBLEと言われる低消費電力の機械を使うことで低価格で制作することが可能になりました。

神戸駅 賃貸
茨木市の賃貸
代官山 賃貸

トップページへ